ジンギスカン

北海道に行ったら食べてみたい!空前のブームも落ち着いたご当地料理「ジンギスカン」

記事画像
記事画像
記事画像

2004年頃からはじまった突然の大ブーム!

ジンギスカンブームは実は、昭和30年代にもあり、今回で二度目のブームである。
歴史は繰り返すではないですが、何周か回って再び2000年代に入って大ブームが起きました。

都内では新しいジンギスカンのお店が驚くスピードで開店ラッシュ。
どこに行ってもジンギスカンのお店があったくらいに大流行していました。

ブームが去るのと同時にジンギスカンのお店は減っていきました。
今残っているお店は、本当に美味しいお店だけなのかもしれませんね。

そもそもジンギスカンってなに?

一番の特徴は「羊肉」を使った料理であること。
そして、特徴的な形をした鍋で焼く。

鍋は普通凹下に凹んでいるものですが、ジンギスカン鍋はその逆で凸と、上に丸く出っ張っています。
なぜこんな形なのかというと、ジンギスカンの起源はモンゴルのジンギスカン(チンギス・カン)軍が遠征の時に羊を連れていたそうです。
その羊肉を焼くときに、適当な鍋が無かったため、鍋の代用品として鉄製のヘルメットを使ったのが起源。
そのため、今でもヘルメットのような形状の鍋を使っているとされています。

北海道以外にもあるジンギスカン鍋

北海道のイメージが強いジンギスカン鍋ですが、北海道以外にも長野県や千葉県、そのほかの地域でもジンギスカン鍋は食べられています。
北海道のご当地料理として定着したのには、北海道の美味しい野菜が関係しているそうです。

ジンギスカン鍋と言えば「羊肉」ですが、お肉と一緒に野菜も焼いて食べます。
美味しい野菜がたくさん採れる北海道ならではの、一味違うジンギスカンが味わえるので定着したのではないでしょうか。

いつか行きたい北海道

ええじゃないかでも、いつか行ってみたいご当地が北海道。
あの広大な大陸を一周する企画を作る日が楽しみです。

  • 北海道地方
  • 東北地方
  • 関東地方
  • 中部地方
  • 関西地方
  • 中国地方
  • 四国地方
  • 九州地方
  • 沖縄地方
行ったことある地域
日本地図

PAGE TOP